自営業者がカードローンでお金を借りるには?

自営業者でもカードローンで借入出来ます!

 

一般的なサラリーマンやOLさんのように企業や会社に属して収入を得ていれば、銀行系カードローンや消費者金融などから審査の上お金を借りることが出来ます。

 

その際に必要な書類は運転免許証やパスポートなどの身分証明書であり、原則として収入証明不要で借入申し込みが可能です。

 

ただ申請した申込書類に記載されている職場で「本当に仕事をしているのか」を確認するために在籍確認電話という審査があります。

 

これによって収入があることを証明出来ることから収入証明が不要となるのです。

 

しかし個人事業主などの自営業者の場合、自宅がオフィスとなっているケースが多いことから在籍確認電話の意味がありません。

 

自営業者でも銀行系カードローンや消費者金融のキャッシングなどは可能ですが、低金額の融資であっても収入を証明するための書類を提示する必要があります。

 

基本的には確定申告書の写しが一枚あれば問題なく申し込みをすることが出来ます。

 

各業者によって審査基準は異なりますが、満20歳以上安定収入という条件さえ満たしていれば審査の上お金を借りられます。

 

もし即日にお金が必要でしたら、銀行系カードローンよりも大手消費者金融がおすすめで、申し込みをしたその日のうちに資金調達が出来ます。

 

誰もが知っている黄色い看板のプロミスでは、満20歳以上で定期的な収入があれば審査をした上で即日にお金を借りることが出来ます。

 

プロミスのような消費者金融は、一昔前までサラリーマン金融と世間的に呼ばれていたこともあり、皆様の中には「会社に属する正社員しかキャッシング出来ないのでは?」と思っている方もいらっしゃるかと思います。

 

実際には正社員や契約社員、アルバイトなど雇用形態は関係なく融資を受けることが可能であり、もちろん安定収入があれば個人事業主や自営業者でも借入が出来ます。

 

しかし注意しなければいけないことがあり、会社に属していれば原則として身分証明書のみで申し込みをすることが出来ますが、自営業者の場合には、プロミス側に「確定申告書の写し」などの収入証明書を提示しなければいけません。

 

これは自宅を職場にしている自営業者が多く、サラリーマンのように会社に電話をして在籍を確認する手段が意味ないからです。

 

自営業者の場合は、このような収入証明書は必ず必要になりますので、事前に用意しておくようにしましょう。

 

消費者金融は申し込みから融資実行までのスピーディーさがウリの一つですから、少しでも早く資金調達を求めているのでしたら、申込時には忘れずに用意しておくことが大切です。

続きを読む≫ 2015/05/02 13:49:02
柔軟な金融業者の
紹介サイトもチェック
↓ ↓ ↓ ↓